• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 4322
  • 公開日時 : 2018/01/17 11:34
  • 印刷

ガス設備定期保安点検(定期調査)とは何か知りたい。

回答

ガス事業法において、ガス小売事業者に課されている義務で、4年に1回以上、お客さまのガス設備の点検および安全に必要な事項を周知させていただくものです。

機器点検および、安全に必要な事項の周知は小売事業者の義務として、当社が、原則、前小売事業者の点検インターバルを引き継いで実施します。小売事業者である当社の場合、点検には当社委託先のニチガスが伺います。

また、点検のうち、「ガス配管漏えい検査」は一般ガス導管事業者(各地域の都市ガス会社、東京ガスなど)に課された義務で一般ガス導管事業者が行います。

なお、点検の日程については、ガス小売事業者(ガス設備定期保安点検)、一般ガス導管事業者(ガス配管漏えい検査)それぞれ個別に調整させていただきます。

※また一部のお客さまに対する「ガス設備定期保安点検」と「ガスの漏えい検査」は、毎年度1回以上、実施しています。

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます

※上記以外の東京電力に関するご質問・お問い合わせについてはこちら

よくあるご質問でも解決しない場合は、以下よりお問い合わせください。

お問い合わせ